キャッシングを比較するときはコンビニATM手数料も重要

キャッシングの会社を比較するときはそのキャッシングの金利だけでなく提携ATMがどれぐらいあるかということや提携ATMの手数料もしっかりとチェックしておきましょう。

キャッシングは借りたお金に対して利息を払いますので、利息が安くなるように金利をメインで比較する人が多いかもしれません。

しかしキャッシングの会社を比較するときはATM手数料がかかるかどうかも重要です。

例えばコンビニATM手数料が無料になる会社と、108円や216円など手数料がかかる会社を比較すると、借入れ期間が長くなればなるほど支払うお金の総額がかなり変わってきます。

キャッシングは毎月1階返済しますので、そのたびにコンビニATM手数料が108円かかったとすると、年間で1200円程度のコンビニATM手数料が発生します。

借入れでもコンビニATM手数料がかかりますので、借入れ回数が多いとさらにコンビニATM手数料が上乗せされます。

金利が低いキャッシングよりも、金利は高くてもコンビニATM手数料が無料のキャッシングの方が総額が安くなる可能性もあります。

キャッシングの会社を選ぶときは、利息以外に支払う手数料も考えに入れて自分に合った会社を選びましょう。