ブラックリスト入りの定義とお金を借りる方法

大手金融機関では、ブラックリスト入りの方は絶対にお金を借りられないと言われています。ではブラックリスト入りとは、一体どうゆうことなのでしょう。

ブラックリスト入りとは、信用情報機関に遅滞などの金融事故情報が載っていることを指します。ちなみに信用情報機関はCIC・JICC・JBAの3つあり、金融機関は最低1つと提携しているのです。また3つの信用情報機関は情報を共有するので、1つの信用情報機関に登録すると3つに登録されると考えておいた方がいいでしょう。

なお3ヶ月以上の延滞は1~5年、任意整理は5年、自己破産は5~10年記録が残ります。この期間をブラックリスト入りと言い、絶対に大手金融機関では借りられないのです。ここで注意することは、例えばアコムで借りていて自己破産したとします。10年経ったから再びアコムで申し込んでも絶対に認められません。金融事故の原因となった金融機関では、一生借りられないと考えておいた方がいいでしょう。

ではブラックリスト入りの期間中は絶対にお金を借りられないのかというと、決してそうではありません。地元に密着した消費者金融、いわゆる街金では借りられる可能性はあります。街金は、大口金融機関のように自動的なスコアリングシステムによって審査するのではなく、独自の審査により柔軟に審査します。ですから過去はあまり問わず、現在返済可能と判断したなら融資が可決となるのです。しかし収入証明書の提出は必要で、少額の貸付になります。