土日でも利用可能な自動契約機を利用したキャッシング

自動契約機を設置している貸金業者は、大手消費者金融に多い傾向があります。レイクのように新生銀行カードローンでありながら、自動契約機を設置している例もありますが、消費者金融時代に設置した経緯から業態転換を行っても自動契約機を運用しているわけです。キャッシングの申し込みを行った際には、安定した収入があることを確認するために、勤務先への在籍確認が必要となります。

土日に自動契約機でキャッシング申し込みを行なうと、勤務先は休みですから、その場で在籍確認を電話で取得することは不可能です。会社名入り健康保険証と直近の給与明細書で在籍確認を取ることが可能なケースがあるので、予め持参すると審査を早く済ませることが出来ます。

証明書類を持参しなければ、土日審査を行っていながら審査に通らないのかと心配しがちですが、在籍確認はあくまでも安定した収入があることを確認するために行われるものです。土日に自動契約機で契約する際には、在籍確認を行わずに、最初は20万円程度の比較的少ない利用限度額までを利用可能として、翌平日に在籍確認電話による確認が取れ次第、増額対応を行なうといった手段を使う貸金業者も出ています。

利用者の立場からは、土日に即日キャッシング出来ることは助かるわけですから、何とか先に審査してもらえる貸金業者の姿勢はありがたいと感じる人が多いでしょう。