実は手数料も利息として見做される可能性がある!中小消費者金融の金利に要注意!

キャッシング契約において、利息以外に注意しなければならないのが、返済時に掛かる手数料です。銀行や大手消費者金融のキャッシング契約の場合、銀行口座からの引落による返済が可能になり、手数料が掛からないようになっています。また、提携ATMを利用しても手数料が無料といったこともあり、借り入れや返済時に掛かる費用が抑えられるようになりました。しかし、注意しなければならないのが中小消費者金融かつ金利が利息制限法の上限20%というケースです。

実は、利息制限法により規制されているのはキャッシング商材の利息だけでなく、元本以外の金額です。つまり、返済時に掛かる手数料も実質的には利息として見做されることになります。

そのため、中小消費者金融でありがちな、上限金利20%の場合、返済時に掛かる手数料も利息となってしまい、上限20%を超えてしまうということになります。また、融資を行う際、銀行口座への振り込み手数料が差し引かれた金額になるということも、上限金利を超える行為となってしまいます。ですが、利息制限法に違反したからといって、罰する法律が無く、出資法違反とならない限り、契約者自身が損をしてしまうというのが実情です。

つまり、キャッシング契約を検討する際は借入時や返済時の手数料も考慮し、総合的に利息制限法の上限20%を超えない消費者金融を選択する必要があります。