消費者金融で提携ATM手数料を支払うのは無駄の極みです

先日テレビで全国にあるATMの年間維持費は2兆円かかると言っていました。ですからカードローンの借入や返済で提携ATMの手数料がかかることはやむを得ないことかもしれません。かといって毎月の返済ごとに手数料を取られていたら、最大216円×12月の2592円もかかります。

特に消費者金融ではほぼ提携ATM手数料がかかるので、ATMで返済するならなるべく手数料のかからない自社のATMを利用すべきです。ちなみに契約当初から口座振替で返済することは不可能なので、口座振替に申し込んだ後も1,2回はATMや振込みで返済する必要があります。ですから最初は手数料がかからず、24時間利用できる自社ATMを利用すべきです。