返済額をできるだけ少なくしたいなら利息に注目

キャッシングを行なう際に、利息についてどれだけ注目しているでしょうか。

ただ漠然と利息を見て低そうだと感じて借り入れを行なっても、返済額を振り返ってみると高くついてしまっていることもあります。

銀行や消費者金融など利息は借り入れ先によってさまざまですが、基本的な計算方法はどの会社もすべて同じです。

キャッシングの場合にはほとんどが年率で計算され、借り入れ額に対する利息は「1年後」に返済する場合の利息になります。

例えば15%の利息で10000円を借り入れた場合には、1年後に返済する金額は元金と利息を含め11500円ということになります。

実際には少額の借り入れであれば1年も返済期間を要することは少ないため、利息が日割りで計算され、借りていた日数に対して利息がかかることになります。

日割りだと少額に思えるため、あまり利息を気にしない方もいますが、もしも返済が長期にわたる可能性がある場合にはできるだけ利息の低い金融機関から借り入れを行なうことで返済額を抑えることができます。

また短期の借り入れであっても日割りで利息が加算されるため、1日でも早く返済を完了してしまった方が無駄な利息を払う必要がないためお得になります。