銀行のカードローンだからと言って安心ではない!実質的には、消費者金融から借りているのと同じ!

銀行のカードローンを契約する方は、銀行という知名度と信頼性を考慮していることがあります。消費者金融からのキャッシングと言うと、審査に通らない人、お金に困っている人などネガティブなイメージを持つ人もいます。

ですが、銀行のカードローンだからと言って安心というものではなく、消費者金融と大きな差はありません。銀行のカードローンの場合、保証会社の審査を通る必要があるものの、これらは貸金業者として登録している企業ばかりです。結果として、消費者金融からの借り入れと同じであり、返済が滞った場合は銀行が対応するのではなく、保証会社の対応となっています。また、それ以降先の対応は債権回収会社となるため、あくまで銀行という窓口の違いでしかありません。

銀行カードローンだからといって、安心しきっていた場合において返済遅延を発生させると、予想もしない会社から通知が来たりします。家族に内緒にしていたとしても、債権回収株式会社から督促の通知が来た場合、消費者金融からの借り入れと認識される可能性があります。

銀行カードローンだから万が一の際には、安心出来ないのが実情になっています。