銀行や信用金庫は地域条件があるケースも!

銀行や信用金庫のキャッシングローンは、消費者金融に比べ金利が低いのが魅力です。そして、近年ではインターネットを利用することで、その場に居ながらに申し込みから契約手続きも可能であり、忙しい社会人に便利なものとなっています。

また、住んでいる地域から離れた地方銀行のキャッシングローンも契約が可能になっています。結果、居住地域外の銀行を選択肢に出来るため、借り入れ先の幅が広がるといったメリットが生じます。しかし、地方銀行の場合、地域密着型の営業を行っているケースがあり、貸付条件として、『居住する』や『勤務している』といった制約が設けられていることがあります。借り入れを急ぐばかり、金利やスピード審査に目がいきがちとなり、この条件を見落としてしまうことがあります。

そのため、借り入れを検討する際は、商品説明だけでなく、貸付条件が記載された商品概要を確認することがポイントになります。特に、インターネットによるWeb完結となる場合、全く異なる地域からの申し込みが出来てしまい、必要事項の入力時に利用できないといったことに気付いしまいます。少しでも時間を無駄にしたくないといった方は、メガバンクやネット銀行を優先的に検討するのがおすすめになります。