年収が低めな人のキャッシング選び

キャッシングを利用する際は、商品ごとの金利と限度額を総合的に比較して利用するキャッシング会社を決めることが多いと思います。ですが消費者金融のキャッシングの場合は、年収によって最大で借りられる金額が決められてしまいます。その為、年収があまり高くない方の場合は、限度額よりも金利に着目してキャッシング会社を選んだ方が効果的です。

消費者金融のキャッシング商品でも、最大限度額が500万円以上になっていることは少なくありません。しかし、500万円の融資が受けられるのは年収が1500万円以上の人に限られてしまいます。サラリーマンの平均年収が400万円強と言われているので、大多数の人はキャッシングでは150万円弱しか借りられないはずです。近年の消費者金融なら、ほとんどの会社で150万円以上の限度額になっているので、限度額を比較する意味は乏しいと言って良いでしょう。

年収があまり高くない人は、何よりも金利を重視してキャッシング商品を選ぶべきです。借り入れ枠が少ない人はどうしても貸付金利が高くなりやすいので、返済負担も増大しやすいものです。最大金利を比較して、できるだけ金利が低めの消費者金融を選ぶようにしましょう。貸付金利を低くすることができれば、利息負担も小さく抑えやすく返済時の負担もそれほど大きくなりません。

消費者金融の中でも低金利なのは、銀行系消費者金融と呼ばれる会社です。銀行カードローンほどではありませんが、一般の消費者金融に比べると銀行系消費者金融はかなり低金利です。少ない借り入れでも低金利で済むので、年収が少ない方は金利に着目してキャッシング商品を選びましょう。